営業代行って何!?意外と知らない三つのポイントとは ?>

営業代行って何!?意外と知らない三つのポイントとは

営業代行といっても会社ごとに特色がある

営業代行業務と聞くと、「企業のサービスや商品を販売するために、お客さんとなる相手を探しだして売り込む人が沢山いて、活動してくれる」というイメージを持ちやすいことでしょう。しかし、全ての会社が必ずしもそのような対応をしているわけではありません。まさに「営業職で働く人を派遣する」という代行もあれば、「営業・販売の手法をコンサルタントする」という代行もあります。自分の企業の規模や費用と相談して検討しないと、想像と全く違った営業代行サービスを受けることになってしまう恐れもあるので、注意が必要です。

得意・不得意な分野もある

まずは「初対面の人とも気負わずビジネストークができる人」を想像してみましょう。「それこそが営業だ」と感じる人は多いかもしれませんが、そんな彼らにも「得意・不得意の分野」というものが存在します。金融・医療・電気など、それぞれの業界に関する専門知識や業界の傾向を把握していないと、お客さんに納得して貰えるような説明をすることは難しいからです。一人であらゆる物事に精通することは極めて難しい上、業界の特徴やクセと言った感覚的な要素は、経験によってつちかわれる営業の秘訣です。例えば「ITに強い営業代行だが、医療関連の販売は苦手とする」といったことはごく一般的に発生しますので、単純に営業代行を探すのではなく希望の分野を得意とする営業代行企業を探すと良いでしょう。

どんな方法を使うかも会社ごとに違う

営業に用いる手法は、ターゲットとするお客さんの層や、販売方法によって大きく異なります。例えば、インターネットを使わない・あまり使わない人が主流をしめるであろう70代以降の高齢者をターゲットとした場合、インターネットを使った営業活動はほとんど効果があげられません。反対に、固定電話を滅多に持たないとされる20~30代の独身男性をターゲットとする場合、電話での売り込みをしても結果に繋がらないでしょう。直接販売・テレホン・インターネット・ダイレクトメール、様々な営業活動がありますが、どれに強いか・必要とするか、その傾向によって選ぶべき営業代行企業も絞られてくるでしょう。

営業を自社の従業員ではなく、外部の専業業者などへアウトソーシングすることを「営業代行」と言います。この場合、電話営業・代理店業務・インサイドセールスなどいくつかのカテゴリがあります。


Comments are closed.