超意外!タクシー運転手にデビューしたくなる裏話 ?>

超意外!タクシー運転手にデビューしたくなる裏話

若者から熟年まで活躍できる仕事

タクシー運転手は、他業種と比較すると定年の年齢が高く設定されており、なんと75歳を定年としているタクシー会社もあります。熟年層の方でも始めやすいため、定年退職後の新天地、第2の職業というイメージが定着しています。その一方では、勤務中の縛りが少なく、自由に出勤日程を決められるメリットがあり、自分のペースで働きやすい仕事として注目を集めているんですよ。1回の勤務時間が21時間にも及ぶケースがあるハードな勤務形態を考えると、体力のある若者こそ活躍できる仕事ですよね。

タクシー運転手で勝ち組になる

勝ち組と言われているタクシー運転手の中には年収1,000万円を稼いでいる方もいます。その陰には300万円に満たない方もいますが、ただ乗車客を待って運転するだけで勝ち組になっているわけではありません。どの時間帯にどの場所で人々がタクシーを必要としているか、人がタクシーに乗るまでの行動パターンを研究した成果が高額な給与へと繋がっています。タクシー運転手は、地味な仕事と思われがちですが、実は非常に奥が深く遣り甲斐が大きいんですよ。

オフの時間を確保しやすいタクシー運転手の勤務形態

ほぼ丸1日働いた次の日は1日休みというシフト制がタクシー運転手の一般的な勤務形態です。行政の法令で1カ月の拘束時間が262時間と定められていることから、1カ月につき最大でも出勤回数は13回となっています。そのため、残りの日はプライベートの時間として活用でき、長期休暇もとりやすいです。趣味を満喫しながら仕事に励めるなんて夢のような職業ですよね。但し、昼間・夜間のみの勤務の場合には週休2日です。いずれにしても個々が自分に応じた働き方を選択でき、タクシー運転手ならではの特権がありますね。

役員運転手になるには運転歴が長いこと、事故を3年以上起こしていないことが挙げられます。高い運転技術を持つタクシー運転手から転職する人も多いようです。


Comments are closed.