万が一の時に役立ってくる!防災倉庫のススメ ?>

万が一の時に役立ってくる!防災倉庫のススメ

地震があった時でも安心できる

家に防災倉庫を置いておくことで、万が一が合った時でも生活しやすくなってきます。地震をはじめとする天災は、いつやってくるかわかりません。この時、防災倉庫を備えておけば、何かあった時でも安心することができるのです。倉庫の中にヘルメットや食料、電池などをいれておくことで、家族全員分の食料をしばらくの間自前で用意することができます。また、電池があればラジオを聞くこともでき、必要な情報も入手できるでしょう。

耐熱や耐震に対応していると安心

身を守るためにも、防災倉庫は備えておきたいですが、耐熱や耐震に対応しているものを選んでみる必要があります。火災が起こってしまった時でも、耐熱に対応していれば、中にしまっているものを守ることができます。また、揺れに強い倉庫であれば、潰れてしまうこともないため、安心して中に物を保管しておけるでしょう。さらに、天井部分に強い素材を使っていれば、雪が降る地方でも、雪に潰されてしまうことなく防災倉庫を維持することができます。

社員の身を守ることができる

会社に防災倉庫を用意しておけば、何かあった時に社員の身を守れるようになってきます。会社にいるときに天災が起こってしまうと、自宅に帰宅することも困難になってしまうでしょう。この場合、夜は会社で過ごすことになりますが、防災倉庫の中に毛布を入れておけば、社員も寒い思いをすることなく眠りにつくことができるのです。また、軽く食べられる非常食も用意しておくことで、お腹がすいてしまった時に物を食べることもできます。

物流網の起点は高速道路近くに位置している事が多いのですが、それは全国各地に配送をしやすくするためです。


Comments are closed.